時間に狂いが出たら|古くから受け継がれるオメガの時計はオーバーホールしてもらおう

古くから受け継がれるオメガの時計はオーバーホールしてもらおう

腕時計

時間に狂いが出たら

男性

状態の確認と清掃

高級ブランドのロレックスは、高い精度と耐久性を誇る腕時計で有名ですが、どれだけ状態が良いものでも、内部の油が揮発したりホコリを巻き込んで故障するということがあります。故障や狂いが少なくても、定期的にオーバーホールを行わないと、せっかく高いお金を出して購入した腕時計が使えなくなってしまいます。オーバーホールは内部の機構を分解して点検や修理、清掃を行うことで、車のように綺麗にすることで動作を新品同様に保つことができます。安物の腕時計なら買い替えれば済みますが、ロレックスでは愛着もあるでしょうし、価格的にもそうはいきません。大切に扱うのであれば、どれだけ状態が良くても3〜4年ほどに1回はオーバーホールをするべきと言われています。

どこに依頼するか

ロレックスのオーバーホールは、一般の時計修理工房かメーカーである日本ロレックスの2つで選択することができます。時計修理工房は腕時計なら何でも修理やメンテナンスを行うので、技術的には問題がありません。必要最小限のメンテナンスを行うので費用も安く数万円で済むことが多いので、お金に苦労する人はこちらを利用することが多いようです。対するメーカーの日本ロレックスは、パーツ交換やケース研磨などを行い新品同様で帰ってくるほど丁寧な仕事ですが、その分だけ高額な費用が請求されてしまうのです。状態や種類によりますが、場合によっては十数万円はかかったということも少なくありません。ただし、メーカーは偽物や改造費に対して神経質な会社としても知られ、真贋鑑定にも利用できるので、オークションなどで購入した人が本物かどうか確認するために利用することが多いです。